丁寧な問診と診察で初めての人でも安心

メンタルケアを扱う医療機関を選ぶ場合、もしも体に不調を伴うのであれば、心療内科に受診することをおすすめします。例えば、仕事のストレスが原因で具合が悪い人、心理的な出来事がきっかけで症状が出ている人、健康診断では問題がないのになぜか体調不良が続いている人などが当てはまります。

心療内科では、まず最初に丁寧な問診や診察を行い、時間をかけて患者の話を聞いてくれます。初めてで何を話したらいいのかわからなくても、答えやすいようにたくさんの質問を投げかけてくれるので心配はいりません。診察では、患者の体の症状だけではなく、生活習慣、人間関係、心のバランスなど、一人一人のさまざまな状況を考えて話を聞きだして、不調の原因や治療方法について検討していきます。

精神療法と薬物療法でアプローチ

不調の原因や症状が把握できたら、患者自身と相談をしながら慎重に治療へと移行していきます。心療内科の治療には精神療法と薬物療法があり、どちらか一方だけを行うことも両方を併用することも可能です。精神療法の柱となるのは専門のカウンセラーによるカウンセリングで、今抱えている問題やストレスの原因などを整理しながら、改善方法を一緒に考えていきます。その他にも、最近では専門家によるメンタルトレーニングやセラピーなどを取り入れている病院も多くなっていて、治療の幅も広がっています。

薬物療法では、脳や神経に働きかける薬や漢方薬などを処方して、症状の経過を見ていきます。薬の効果や副作用などを注意深く観察しながら、処方薬の調整や変更を重ねていくことが必要です。いずれの治療方法でも、医師と患者が多くの情報を共有しながら、よい信頼関係を築いていくことがポイントになるでしょう。