心療内科と精神科の違いについて

心療内科と聞いても、実際にはどのような時に受診をしたらいいのかピンとこない人もいるかもしれません。心の症状を診る診療科には、大きく分けて精神科と心療内科があります。精神科では、イライラ、不安、妄想、幻聴といった精神症状を中心に扱っていて、うつ病や認知症などが該当します。一方で、心療内科は、社会的・心理的な要因によって引き起こされている体の症状を対象としていて、明確な体の不調があることが精神科で診る領域との大きな違いです。

このように、心理的なストレスが原因となって体に不調が起きることを心身症と言いますが、心療内科では心身症を改善するために心と体の両面から患者にアプローチしていきます。そのため、薬物療法だけではなく、心の専門家によるカウンセリングやメンタルトレーニングなどを取り入れながら、慎重に治療を進めていくのが通例です。

心療内科で扱う具体的な症状

心療内科で扱う具体的な体の症状としては、全身の倦怠感、胃痛、過敏性腸症候群、頭痛、吐き気などさまざまなものがあります。他にも、食欲が落ちている、よく寝ているつもりでも疲れが全くとれない、だるさや不調が原因で会社や学校に行けなくなってしまったなどのケースも、心療内科に相談してみた方がよい症例です。

症状だけであれば内科の領域となる症状でも、不調の原因として心理的なきっかけがわかっている人や、背景となっているストレスが思い当たる人は心療内科を受診しましょう。また、ストレスの自覚がなくても原因不明の体調不良が続いて悩んでいる場合や、医療機関で検査をしても異常が見られない場合は、心療内科の診療対象となります。