保険診療なら一回の通院につき五千円未満で診療を受けられる

心療内科に通院をする際に掛かる費用は、疾患の種類や治療期間、治療法などによりますが、保険診療なら一回の通院につき五千円未満の負担で診療を受けることができます。また、内服薬の処方量が少ない人や、それほど症状が重くない人については、おおよそ千円から二千円程度となり、出費を気にせずに通院を続けることが可能です。最近では、海外の治療法を取り入れている心療内科のクリニックの数が増えており、診療内容によっては健康保険の対象外となることもあるため、初診の際に医師に相談をすることがおすすめです。なお、うつ病や気分障害などの治療のために長期にわたり通院をしたい人は、臨床心理士など専門のスタッフによるカウンセリングを受ける時に掛かる費用についても調べておくことが大切です。

自立支援医療制度の対象になると1割負担で通院ができる

重度のうつ病や統合失調症、双極性障害などのために長期の通院治療が必要となる人は、役所で必要な手続きを取ることで、自立支援医療制度の対象となることがあります。その場合には、1割負担で診療を受けることができ、一般的な健康保険を利用するよりも月々の経済的な負担を軽くすることが可能です。自立支援医療制度を利用するには、主治医が作成した診断書の他、治療が長引いていることを示す証明が必要となったりすることもあります。そこで、自立支援医療制度について正しく理解をするうえで、早いうちに主治医だけでなく精神保健福祉士など福祉分野について専門的な知識を持つ人にアドバイスを受けたり、役所の窓口に相談をしたりすることが大切です。